カードローンとキャッシングの違いについて

カードローンもキャッシングも、どうしても急にお金が必要になった時には大変便利なサービスです。カードローンや、キャッシングを利用している人はたくさんいますが、両者の差とはどういった部分にあるものでしょう。融資可能な金額と、返済のやり方が異なっていますが、それ以外は大体同じものと考えてもいいかもしれません。キャッシングは一括で支払うことが多いですが、カードローンは分割払いがスタンダードです。一回の融資で貸す金額が少ないことから、キャッシングでは返済が一度で終わることが多いという考え方になります。キャッシングは1万円から借りることができて、貸付上限金額も50万円程度という少額融資がよくあるパターンです。この借りた金額は、翌月に一括返済することが決められているため、金利もカードローンよりも高めに設定されています。一方、カードローンは貸付上限金額が高くなって、数十万~数百万円の融資を受けることも可能です。カードローンは分割払いで返済することが多いのは、大口の融資の時には一度で返済することは難しいためです。審査のハードルの高さも、それぞれ違います。大口の融資や、銀行が貸し付けている融資のほうが、審査は通りにくくなります。貸付金利にも違いがあります。融資額が大きく、返済に時間がかかる場合は、金利設定は小さめになっています。キャッシングも、カードローンも、違うところがありますので、どちらの借り方が自分に合っているかをよく考えることが大事です。

Comments are closed.