キャッシングで過払いになる金利とは

キャッシングを利用した人の中には、過払い金があるかもしれない人がいます。過払い金という用語を知らないままに、長年キャッシングを使っていたという人も、多いといいます。今まで返済した金額が過払いの状態になっている人は、しかるべき手続きをして、過払いの返金を求めることができます。キャッシングを利用した時に、金利がある程度の高さで返済をしていた人に限り、過払い請求が認められます。キャッシングの過払いが認められるようになるのは、金利何%の融資の時でしょう。キャッシングの金利は、出資法を適用すれば20%以下だという決まりがありました。つまり、出資法の定めるところによれば、金利は最高20%にまで設定できるということになります。けれども、キャッシングの過払いは、出資法で定めた金利設定ではありません。キャッシングの金利を決めている利息制限法では、借り入れ金10万円未満20%、10万円以上100万円未満18%、100万円以上15%です。利息法制限法で定められた上限をオーバーしたキャッシングは、制裁措置こそないものの、法律には違反しており、超過分は申込み者に返さなければいけなくなります。今までグレーゾーン金利と呼ばれていた、利息制限法と出資法との間の金利で融資を受けていた人は、過払い請求が可能な可能性があるわけです。もしも、キャッシング会社からお金を借りるような事態になった場合は、利息制限法が遵守されているかを借り入れ前に調べておくようにしましょう。キャッシング会社の中には、まれに法律を守るそぶりのない、高い金利でお金を貸し付けているところもありますので、そういったところからは借りないようにしましょう。

Comments are closed.