クレジットカードの審査の基準について

アルバイトや、パート勤務で正社員ほどの収入が得られていないという人でも、クレジットカードは使えるようになっています。クレジットカードの申し込み手続きをした人の中には、正社員として仕事をしているのに、審査で断られる人もいます。クレジットカードには種類があり、審査が厳しい順にプラチナ、ゴールド、クラッシック、ノーマルとなります。クレジットカードの中でも、ノーマルや、クラシックなら、非正規労働者でも、収入額によっては審はパスできるものです。では、正社員として仕事をしているのに、クレジットカードの審査で断られたという人は、一体どういう人なのでしょう。審査のハードルを越えることができなかった理由として考えられることとしては、個人信用情報の内容がよくなかったという場合です。審査では、過去のきゃっしん履歴や、現在の利用歴を調べて、借りすぎていたり、延滞などの経歴がある人は、低く評価しています。もしも、ローンやキャッシングなどの金融商品を利用して、返済ができなくなったことがあると、審査ではマイナス評価になります。どれだけ月々の収入が安定している人でも、返済を滞らせたことがある人は、返済能力がないという見立てをされてしまいます。キャッシング会社の視点からすると、貸したお金を返済しようとしない人は、収入が十分に得られていないという人よりも問題視しています。人としての信用があるほうが、金銭的な信用があるよりも、大事なことと見なされます。とはいえ、個人信用情報は、一定期間が経過すると情報が消去されます。キャッシング延滞の記録などは、数年で消えますので、その後はクレジットカードの審査に支障はありません。

Comments are closed.