ローンの固定金利と変動金利について

ローンの融資額が少ない場合は、固定金利で借り入れることが一般的になっています。これに対して、金利が変動する変動金利制は、長期で大口のローンに対して行われます。固定金利のローンと、変動金利のローンとで、異なっている部分とは、一体どこでしょう。金利が途中で変わることがなければ、最初にローンを利用した時に、利息額が確定されます。固定金利の方が、変動金利よりも必ずお得になっているかどうかは、必ずしも言い切れません。金利がずっと変わらないという保証があったほうが、借りやすいという人もいます。しかし、結果的に考えた時には、変動金利で借りたほうが利息が抑えられることが少なくありません。場合によっては、金利が格段に上がることもあるでしょうが、大抵は金利の変動はそれほどではありません。変動金利は、まとまった金額を一度に借りなければいけないようなローンなら、より有利になります。ある程度のリスクが含まれている金融商品は、リスクが排除されている金融商品よりも、結果的な得が大きくなります。ローン商品も同様であり、安全とお得のどちらを取るかによって自分に合った金利タイプが変わってきます。銀行なら、固定金利と、変動金利の選択肢がありますが、消費者金融会社は固定金利でのみ融資を行う傾向があります。

Comments are closed.