信販系のカードローンについて

大まかにいうと、カードローンには信販系と銀行型があります。テレビでよく宣伝をしているカードローンは、大半が信販系のものだといいます。銀行型のカードローン審査は厳しいものが多いですが、信販系のカードローンは、手軽に申込みができるようです。親しみやすさを感じるカードローンだったとしても、借金をしているという事実は、揺るぎません。借りたお金をきちんと返せるような計画を余裕を持って立てていなければ、借金返済で首が回らなくなってしまいます。信販系のカードローン会社は、会社によって金利がまちまちです。銀行系は低金利の携行がありますが、信販系はどちらとも言い切ることができません。借りた金額に応じて、異なる金利が設定されているような信販系カードローンもありますので、借り入れ前に金利については把握する必要があります。最近は、銀行に定期預金をつくっていても、たとえ10年待っても気休め程度にしか利息は入りません。対して、金融会社からお金を借りていると、しばらく日数がたつとどんどん利息がふえて、金額が高くなります。小口の借り入れであれば金利もそれほどつきませんが、具体的な金額を確認したい時はシミュレーションサイトが役立ちます。カードローンを利用する時に信販系を選べば、ほぼ審査に通るという点も魅力です。提出する書類も少なく、申込み用紙も簡単に書けて、消費者金融会社並みの簡単な手続きで融資が受けられるカードローンもあります。親しみやすく、気楽にお金が借りられることが、信販系カードローンの魅力であるということができます。

Comments are closed.