自己破産後に融資を受ける方法について

自己破産をすることで、信用情報には事故情報が書き加えられることになります。新規の金融サービスを利用する時には、信用情報会社の個人信用情報を必ず照会しますので、そこに事故情報があれば審査は通れなくなります。自己破産の経験がある顧客に対しては、キャッシング会社も以後は警戒するようになります。信用情報機関に登録されている事故情報というのは、永久に記録が残るのではなく、5年程度で消える事になります。自分の信用情報は、信用情報機関に依頼して見せてもらうことができますので、事故情報が消えているかを確認してください。信用情報会社の情報を確認しても、自己破産歴がどこにも載っていなければ、問題のない顧客として申込みができます。自己破産をしたことがある人が、新規の融資を受けたいという場合は、自己破産をしてから5年間は融資を受けずに過ごします。金融業者の中には、自己破産者でも融資可能なことを売りにしているところもあります。金融会社の中では、自己破産をしていても融資可能というアピールをしている会社もありますが、そういうところの多くはヤミ金融だといいます。俗に言う闇金を利用してお金を借りる事が出来たとしても、その後にトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので、できるのであれば利用しない方が無難です。自己破産をしてから5年以上がたっていれば、新規のキャッシングが可能なので、それまでじっと待つのが得策です。信用情報会社に記載されていた自己破産の事故情報が消えるまで、金融サービスに手を出さずに大人しくしていられれば、新規の融資も受けられるでしょう。

Comments are closed.