銀行のおまとめローンの仕組み

銀行のおまとめローンの仕組みは、どうなっているのでしょうか。まずは、今ある複数のローンをすぐに支払う為にはいくら必要なのかを計算します。借り入れしているローンを全部足して、残っている返済総額を算出します。そして、その全額を一括して借りる手続きをして、借入先を1つにまとめるのが、おまとめローンの仕組みです。

ローンの全額を支払うという形をとりますので、結構な金閣を借り入れなければいけなくなるでしょう。おまとめローンを扱っているところは銀行だけではありませんが、大口の融資が必要になるため自然と銀行に集中しがちです。おまとめローンを利用するためには、そのお金を借りるための審査を受ける必要があります。審査に通った場合は、おまとめローンを組んだ銀行などから直接、元々あった複数のローン会社に対して支払いをしてくれます。この後は、おまとめローンを申し込んだ銀行に月々返済していく事になります。

ローンというのは、借りたお金の返済期間が予め決まっていますが、返済期間を短縮して繰り上げて払うことができれば、支払わなくてはいけない利子の金額も安くなります。おまとめローンという方法で返済をすることで、本来の返済金額より、少ない金額でお金を返しきることができるようになります。月々の返済日は毎月1回限りになりますので、月に2度、3度と返済日が来るより、ずっと精神的に楽になります。

ローンを組むと、全額返済できるかどうかという部分が、どうしても精神的なプレッシャーになってしまいます。返済日が月一になり、精神的なストレスが緩和されるということは、とても大きな効果があります。元々ローンを組んでいた所よりも、おまとめローンの方が金利を安くできた場合には、さらに支払い総額が減るので、おまとめローンを利用する時は、金利が安い銀行などを利用する事がおすすめです。

Comments are closed.